トップメッセージ

ご挨拶

「もはや、漫画にとって紙の原稿用紙だけがキャンバスではない」

かつて漫画家の才能は紙の原稿用紙に漫画を描くということに集約されてきました。
しかし、今やIT技術やデジタル技術の進歩により状況は一変しました。

描く原稿用紙は紙だけではない。発表するメディアは漫画雑誌だけではない。
読者に届ける手段は書店やコンビニエンスストアだけではない。

我々NSP社は、このような時代に対応した漫画の発展・進化に寄与するため事業展開しております。電子的なメディアばかりでなく空間すらもキャンバスと化して漫画家が漫画にこめた想念を表現していくことを支援、事業化することが基本理念です。

ですから、我々の軸足は揺るぎなく漫画に置かれています。
漫画にとっては、IT技術やCG技術の進化は表現技術の多様化に過ぎません。
表現する道具が紙やペンだけではなくなっただけなのです。

時代は漫画家の才能を今まで以上に大きく開花させようとしています。
我々NSP社が、その手助けをすることができればそれに勝る幸せはありません。

ノース・スターズ・ピクチャーズ代表取締役社長
堀江 信彦

社名の由来

かつて、広大無辺な大地や大海を旅する者にとって北極星や、その極指星である北斗七星は方位を示す道標であり希望の星とも言うべきものでした。私たちの会社の船出もまさに大海に漕ぎだした小舟のようなものです。強風に吹き踊らされ荒波に翻弄されることもあるでしょう。しかし、私たちは決して北の星ぼしを見失わず、それを希望として勇気を奮い起こし夢を実現する旅を続けていこうと思います。そんな思いと決意をこめて私たちは会社にノース・スターズ(北の星ぼし)・ピクチャーズと名付けました。この会社がいつかその名のように日本のエンターテインメント業界の活性化と業界の拡大のための道標となれたらこれに勝る幸せはありません。